調査

RAIZERのホワイトペーパー【日本語訳】

編集長が凄い凄いって騒いでた分散取引所RAIZERがトークンセールを発表したらしいですね??
そうそう!ホワイトペーパーも公開されたんだけど、その内容が興味深いので、英文だけど、ちゃんと読んだ方がいいよ!ちょっと編集長忙しいので、ケンくん、日本語訳よろ!
えっ、ぼくが訳すんですか?(ぼく…けっこうなレアキャラなのに…なんかボクの扱い酷くないか…?)
Google翻訳にPDFファイルぶち込めば翻訳は速攻でできるし、ちゃっちゃっと、ぴゃーっと、やっちゃってね。
ぴゃーっとやるんで、誤訳はご容赦ください(苦笑)

2019年2月14日、分散取引所RAIZERが、RAIZERトークンセールが発表されました。
トークンセールの詳しい情報は公式のティザーサイトを見てみよう。
どんな取引所で、その使い方などは、以前にも一度紹介しましたよね。

今回は、RAIZERのトークンセールの発表に伴い、今一度RAIZERについて、より深く知るために、Google先生にお手伝いいただきながら、ホワイトペーパーを日本語に訳してみようと思います。

なかなか読み応えのある内容ですが、より良い、より新しい、より面白い未来を創造したい!そして、そういう夢あるプロジェクトを応援したい!という方は、ぜひ一度目を通してみるといいかもしれません。

原文:Connecting Crypto Business with DEX Whitepaper1.0

目次

概要

暗号通貨という言葉は世界中で広く認識されるようになり、2017年の世界的な暗号通貨の急増から2年が経過しました。
この2年間で、多くの新しいプロジェクトが始まり、世界中の企業が積極的に
ブロックチェーンテクノロジーや暗号通貨(トークン)を実ビジネスに用いようとし始めています。
結果として、実際のイノベーションの例はまだ不足していますが、
ブロックチェーン、付随するサイドチェーン、およびビットコインコアなどのオーバーレイヤーの技術的進歩や、ブロックチェーン自体のセキュリティを担保するトランザクションの数においては無視できない規模の進歩を遂げています。
ここ数年で、暗号通貨と現実世界の経済との間のギャップは徐々に狭まっています。

しかし、現在の企業がスタートアップで一般的に使用されているようなビジネス環境で実際のビジネスアプリケーションおよびエコシステム開発のためのトークンを発行、管理、および維持するために必要なコストは非常に高くなります。
企業は暗号通貨の長所を利用することができず、製品への投資のための現在の取引所(CEX)はハッキングリスクなどの致命的な弱点に悩まされています。
また、これらのトークンスタートアッププロジェクトの大部分は、疑わしく詐欺的なように見え、現在のプラットフォームでは、個々の投資家が将来性のあるプロジェクトを支援するための基盤を提供できていません。

これらの問題を解決しなければ、暗号通貨が安定した価値とサービスを社会に提供することは困難になります。これにより、暗号通貨が不安定なために現在グループ化されている投機的商品カテゴリから脱却するのを防ぐことができます。
これらの構造上の問題に対する明確な解決策を提供するために、Raizer.ccはt分散型取引所という立場をもってプロジェクトを立ち上げ、先立ってプロダクトを公開しました。
本紙では、説明のためにRaizer.ccがユースケースを提供するソリューションの詳細を説明します。

RAIZER.ccとは

Raizer.cc とは 、Bitcoinブロックチェーン上で動く Counterpartyトークンを取り扱う分散型取引所(DEX)であり、BTCが使用できる唯一のプラットフォームである。
2018年8月に一部の Counterpartyユーザー向けにプロダクトを公開後、フィ ードバックを元にアップデートを続けた。主な機能については後述する”RAIZER.cc が提供するソリューション”を参照してください。

RAIZERトークン

RAIZER トークンは Raizer.ccにおいて生態系を作る基本になるトークンです。
Raizer.ccで発生する全ての手数料はRAIZERトークンの保有者に分配される。
Counterparty トークンの性質上、利用可能なすべてのトークンは発行され、マイニングの概念はありません。

トークンの保有比率

– 運用、開発チーム 60%
– パートナーシップ、マーケティング、様々なインセンティブ 30%
– クラウドセール 10%

運用開発チームが所有するトークンの60%のシェアは、手数料の徴収に使用されます。

出金手数料の抽選

RAIZER.BTC(後述)からBTCへ変換する際の手数料の100%をホルダーへ抽選システムにより配布します。
運用開発チームもRAIZERトークン保有者として分配される手数料のみを収益とします。

エンドースメント(上場推薦権)

RAIZERトークン保有者は、RAIZERトークンの保持に応じて推薦権を持ちます。
例えば、100万のRAIZERトークンを保持しているユーザーは、通貨Aを100万回推薦できます。
推薦の総数が100万以下である限り、Aの場合は50万、Bの場合は50万など、のようにすることも可能です。
500万以上の推薦を得ている通貨は、Raizer.ccを通じてBTCと交換することができます。
もし推薦を取り下げたり、RAIZERトークンを売却する等で500万を割り込むと自動的に上場廃止となります。このことにより、各通貨はRaizerに上場する価値があるトークンと認識されなければなりません。あるいは、自らで500万RAIZERを持ち続ける必要があります。

手数料の削減

RAIZERの保有数に応じて、RAIZER.BTCからBTCの変換手数料を80%まで引き下げることができます。

エアドロップの権利

今後実装される機能において、それらの機能にかかる権利トークンは通常RAIZERのサブトークンとして生成されます。 例として、保有に基づくエアドロップ方式にする場合、権利トークンの獲得はRAIZERトークン保有に対応します。

例: RAIZER.Aトークンを使用してRAIZERトークン所有者に対して50%の割合
100万RAIZERの保持= 50万RAIZER.Aのエアドロtップ
5万RAIZERの保持 = 2.5万RAIZER.Aのエアドロップ
これらの権利トークンはDEX上で取引可能になります。

RAIZER.BTC

RAIZER.BTCは、BTCの値に1:1でペグしたBTC担保型のステーブルコインです。
Raizer.ccでBTC取引を行う場合、ユーザーはまず自分のBTCをRAIZER.BTCトークンに変換することで、
Bitcoin coreの使用上 Counterparty DEXでBTCが使用できないという問題を解決します。
変換はサイトのUIにより簡単に行うことができます。
BTCからRAIZER.BTCに変換する時は担保となるBTCをユーザーが預けると同時に、
コールドウ ォレットに入った BTCと同量のRAIZER.BTCを発行します。
RAIZER.BTC からBTCに変換する際はこの逆の過程を踏んだ上で前述の変換手数料を徴収します。

分散型取引所について

分散型取引所とは

分散型交換(DEX)について学ぶ前に、暗号通貨市場における現在の主流である中央集権型取引所CEX)について知る必要があります。

CEXは伝統的な証券取引所をモデルにした暗号通貨取引所です。
そして彼らはユーザーが一時的に自分の資産を保管することを要求します。
取引は事業者のサーバーによっても処理されます。
ブロックチェーンは使用しません。ブロックチェーンは、の入出金にのみ使用されます。
それに対し、DEXは運営者がユーザー資産の管理を必要としない取引所を指します。
オペレータによる処理、個々のユーザによる各自の管理 資産、およびすべてのトランザクションがブロックチェーンで実行され常に記録されます。

既存取引所が抱える構造的な問題

暗号通貨取引の現在の主流であるCEXモデルは、 セキュリティにおける構造的な欠陥があります。
それは、ユーザー資産をオペレーターのサーバーに保管する必要があることです。
世界中の通信事業者の住所の全部または一部を簡単に特定できます。
そして、現在どのくらいの暗号通貨が現在そこに格納されているかを容易に把握できます。
攻撃者は絶えずこれらの残高を見ていて次の行動を計画するときに攻撃を開始するためのコストがかかります。
多くの場合、ハッキングはたった1つの財布の秘密鍵によって、ハッカーは大多数を奪取することができます。
結果として、これらの攻撃を仕掛けるためのコストは非常に低くなります。
また、これらのインシデントによる損害は、CEXユーザーだけに限られるものではありません。
もし CEXに記載されているアルトコインがサイバー攻撃で盗まれた場合、
盗まれたコインは通常 該当するアルトコインによって構築された生態系を破壊して、市場で売られています。
結果として、さまざまなアルトコインのオペレータは、外部の要因によるリスクにさらされています。
それだけでなく、このモデルでは、より多くの投資 暗号通貨になると、攻撃の危険性が高まります。
DEXモデルでは、個々のユーザーが自分の資産を管理できます。
ハッキングが一度に複数のユーザーの資産に影響を与えることはほとんどありません。
攻撃者は1つのウォレットにつき1つの秘密鍵を盗む必要があり、コストが見合いません。

なぜ分散型取引所が浸透しないのか

DEXは、安全な資産やトークンエコノミーの実現には不可欠と思われているのにも関わらず、DEXサービスのユーザーはまだほとんどいません。インターフェース設計が良くないことや不便なことなど、さまざまな理由があります。

しかし、根本的な理由の1つは、DEXの運営者や開発にDEXサービスを拡張するインセンティブがないことです。システムはブロックチェーンを通じてトランザクションを実行しますが、取引毎の手数料を取ることができません。つまり、CEXと同じ収益モデルはできません。
その結果、標準DEXサービスの運営者は 積極的にマーケティングを行い、ユーザーインターフェイスの改善を実装する動機がありませんでした。

トークンを用いたスタートアップ

ERCトークンとCounterpartyトークンの特徴的な機能

特定の事業から利益を受け取る権利を提供するトークン、他のサービスとの共通規格として使えるポイントとして用いるなど、
トークンはビジネス上の問題解決や新しい可能性を切り開く可能性を秘めています。
トークン発行プラットフォームかつブロックチェーン自体に十分なトランザクションをもつ代表的な2つが、EthereumとCounterpartyです。
Ethereumを通じて発行されたERCトークンには、完全なプログラムが書き込まれています。
ブロックチェーン自体、そして結果として少なくとも1人のエンジニアがシステムに必要です。
ランニングコストが高くなります。しかし、プラットフォームは問題ありません。
分散モデルに適しており、膨大な拡張性があります。ブロックチェーン内でのサービスの開発および運用にのみ使用されます。
一方、カウンターパーティを通じて発行されたトークンは、チェーンサービスの運用に適しており、トークンをすぐに発行することができます。
1ドル以上で、プログラミングの知識は必要ありません。
これらのトークンから Bitcoinブロックチェーン内で動作し、強力なセキュリティを提供します。
Bitcoin Coreアップデートとの互換性も大きな機能です。
トークンの発行から管理までのコストが低く、プログラミングの知識も必要ないため、
これらのトークンは分散化を必要としないサービスに使用するのに非常に適しています。

現在の問題

2018年に多数の新しいトークンが誕生し、 ICOへの投資は驚異的な7,852,477,043ドルでした。
それだけでなく、そのほとんどがERCトークンを使用して調達されたものです。
もちろん、これらのトークンのすべてが分散化を目的に作成されたわけではありません。
これは単にプラットフォームの住み分けができてないことを示しています。
これには理由があります。 Counterpartyはトークンを発行してすぐ取引ができるはずのDEXでBTCが使用できず、唯一の代替案はXCPです。そして、XCPは流動性が少ないです。
つまり、トークンを作成した後に流動性を確保する(BTCで取引できる)ために、
費用を払ってCEXシステムにリスティングされる必要があるため、
迅速なスタートアップに適しているはずの本来の特徴を生かしきれていません。

Raizer.ccが提供するソリューション

DEX上でのBTC取引を可能にする

RAIZER.BTCセクションで前述したように、Raizer.ccは問題なく動作しています。
CounterpartyのDEX上でBTC建ての取引を可能にしました。
エンドースメント(上場推薦)を受けることでによって、有望なトークンは
誕生した直後にRaizer.ccのBTC建て取引が可能になります。

DEX開発インセンティブの付加価値

RAIZER.BTCからBTCからRAIZERトークン所有者への変換に使用手数料を分配するためのシステムのため、
Raizer.ccにリスティングされる有望なトークンの出来高を増やすことは、ユーザーの収益を最大化することによって直接的なメリットがあります。
その結果、このサイトはユーザーに新しいトークンでビジネスをするように勧め、Raizer.ccの使いやすさを向上させます。
最新の次世代技術革新により、サイトを常に最新の状態に保ちます。これはRaizer.ccの価値を高めるための強力な動機になります。

詐欺プロジェクトの防止

Raizer.ccで大量のトークンを作成するのは楽しいことですが、詐欺トークンが正規のものと混ざり合う危険性も高まります。
Raizer.ccは、エンドースメントの仕組みを使用して、投資家から高く評価されたトークンのみがDEXシステム上のBTC建て取引可能にすることで、この問題を解決します。
詐欺トークンを扱うことは投資家の観点からはRaizer.ccの価値を低下させるでしょう、そしてこれはまた推薦をするRAIZERトークン保有者にとってのデメリットです。

ユースケース

サービス単位の投資と投資目標

既存企業への投資は通常、株式の購入を通じて行われます。
しかし、すでに多数のサービスを提供している企業の場合は、投資家がそれらすべてに投資したいと思うことは稀です。
加えて、該当する会社が海外にある場合、これは潜在的な投資家が投資することをはるかに難しくします。
実験的な試行錯誤の過程で企業がサービスごとに別々のトークンを発行したり、トークンを発行したりする場合は、企業と個々の投資家のニーズが一致します

迅速なスタートアップのための起業家支援

株式を上場したくない新興企業にとっては、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家から資金を受け取ることが時々問題を引き起こす可能性があります。
これの原因は彼らのビジョンを達成しようとしている起業家とIPOを通して収益を求めている投資家の異なる見方です。
資金調達にトークンを使用することによって、投資家はIPOがなくても公開市場でトークンを売買することができます。
そして起業家はコントロールを保持し、彼らのビジョンに向かって前進し続けることができます。
また、非上場株式への投資に必要なスキルを持っていない個人投資家は、有望な新興企業に容易に投資することができます。

Raizer.ccの今後の方向

Raizer.ccの目的は、ブロックチェーンと暗号通貨を使って、興味深い新興企業が繁栄し、投資家が簡単に資金を提供できる世界を作り出すことです。
起業家は彼ら自身のビジョンに基づいて低コストで新興企業を立ち上げることができます。このように、試行錯誤を繰り返すことも可能です。
RAIZERトークン保有者が運営する保証システムは、市場が最高のトークンのみを提供することを保証し、彼らが彼ら自身の個人的利益を最大化することを可能にします。
個人投資家のために、RAIZERは初期段階の投資とRAIZERトークン保有者によって選ばれた質の高い企業の支援のためのプラットフォームを提供します。
ライトニングネットワークのようなセカンドレイヤーテクノロジーの進歩がRaizer.cc開発プロセスの一環として進歩するならば、
これにより、取引手数料の急騰や注文の発注までのタイムラグといったDEXシステムの問題が解決され、
Raizer.ccは現在のCEXモデルのサービスと基本的に同等のユーザーエクスペリエンスを提供できるようになります。
Counterpartyを現時点で理想的なプラットフォームと考えていますが、様々なオプションについて想定検討しながら、Raizer.cc プロダクトを中核にとらえプロジェクトを進めていきます。
私たちはRaizer.ccがスタートアップや投資に関わっているすべての人にとって理想的な環境である未来を目指しています。

リスク

RAIZERトークンは価格変動の影響を受けます。保有または取引時の価格変動により不利益が生じる可能性があることに注意してください。

まとめ
以上、RAIZER DEX ホワイトペーパーの日本語訳でした。(全然、ぴゃーっと出来なかったぞ…)
迅速なスタートアップのための起業家支援ってのは、とても応援したい!!
なんで分散取引所が浸透しないのかっていう話とか、Raizerがその問題をどう解決したのかっていう所も、とても面白かったです!
RAIZERトークンセール情報

シークレットセール完売

【供給】1,000,000 RAIZER
【開始】2019/2/15 22:00(日本時間)→ 2019/2/16 00:00(変更)
【終了】2019/2/17 22:00(日本時間)
【価格】1RAIZER = 0.028 USD

パブリックセール
【開始】2019/2/26 12:00 (日本時間)
【価格】1RAIZER = 0.055 USD

※シークレットセール(Discordを見た人だけが知ることのできた秘密のオファー)が2日間行われる予定だったが、開始わずか1ブロックで即完となった。

編集部では、今後も注意深くRAIZERの動向を追っていきたいと思います。RAIZERの最新情報は、公式のDiscordなどを追うと良いかもしれません。
細かい情報を追いかけTwitterなどで共有していけたらと思ってますので、気になる人は編集部のTwitterをフォローしてね!

RAIZERのDiscord:https://discord.gg/eKCJ8yw
RAIZERティザーサイト:https://raizer.io/
RAIZERサービスサイト:https://raizer.cc/
ホワイトペーパー原文:Connecting Crypto Business with DEX Whitepaper1.0


ピックアップ記事

  1. AvacusAsk実例まとめ – 仕事の対価に暗号資産
  2. 改正資金決済法を受けた、各サービスの今後
  3. Avacusをビジネスで活用する
  4. AvacusBazaar攻略【出品編】- フリマで暗号資産を増やす
  5. 【徹底調査】AvacusPayとは?

関連記事

  1. Avacus

    【調査】Avacus第二回新通貨対応選挙

    編集長がサービス研究を続けているAvacusで新たな取引通貨の候補が発…

  2. 使う

    ビットコインを使える場所を調べてみました

    こんにちは編集部です。最近ビットコインの情報を見すぎて大文字アルフ…

  3. Avacus

    【調査】Avacus第二回対応通貨選挙1位「XPC」とは

    先日、ご紹介したAvacus第二回対応通貨投票で数あるライバル通貨を抑…

  4. Avacus

    AvacusPay採用によるNANJの活路

    5月27日「NANJ」がAvacusPayに新規対応されました。「…

  5. 調査

    【ざっくり解説】Libraってなに?

    -- この記事は約3分で読めます --編集長!最近、周…

  6. Avacus

    「AvacusPay」に新通貨が対応されることについての考察

    5月8日、AvacusPayに 「MUUI」が追加され、5月1…

ピックアップ

  1. AvacusBazaar攻略【出品編】- フリマで暗号資産を…
  2. AvacusAsk実例まとめ – 仕事の対価に暗…
  3. 改正資金決済法を受けた、各サービスの今後
  4. ここがヤバイよ 改正資金決済法
  5. 【徹底調査】AvacusPayとは?
  1. 中級編

    BCHってなあに?
  2. 中級編

    Bakktとは?
  3. 調査

    RAIZERのホワイトペーパー【日本語訳】
  4. まとめ

    FRIGGってなあに?
  5. まとめ

    中国産エンターテイナー!TRONとは?
PAGE TOP