Avacus

AVACUSがBuyBackを採用

AVACUS株式会社が、暗号資産VACUSの価値向上施策としてBuyBack方式の採用を決定すると発表した。

目次

BuyBack方式とは

BuyBackとは、VACUSの価値向上を目指した施策。
AvacusのShoppingで運営が徴収している取引手数料※の75%をRaizer(DEX)上でのVACUS買い戻し注文にあてることで、売り注文に出ているVACUSを吸収しVACUSの価値を上げます。
※取引手数料とはAvacusのShoppingにおけるBTC建取引でショッパーが設定する割引額の10%
※取引手数料からBuyBackに充当する金額のパーセンテージは今後変動する可能性があります

VACUSホルダーのメリット

1. DEX上でVACUSが買い戻しされることでVACUSそのものの価格が向上
2. 買われたVACUSはBurnされるのでVACUSの希少価値が上がります
3. AVACUSのサービス規模が大きくなるにつれてBuyBackの額も大きくなります

Burnとは

Burnアドレスに暗号通貨を送ることで永久的に使えなくすることができます。
総数が決まっている暗号資産の一定数を使用不可にすることで、その通貨の総量を減らすことができます。
総量が減るということは、その通貨1枚の希少価値が高まります。

編集部よりヒトコト

今までの抽選方式では、より多くのVACUSを保有する人の方がその恩恵を受けることができる仕組みでした。この新しいBuyBack方式により、ホルダー”全体”に恩恵が与えられる、よりフェアな仕組みになりました。夢ある施策 – BuyBack。

ピックアップ記事

  1. ブロックチェーンで選挙をアップデート
  2. 【AvacusApp】グループチャット機能追加
  3. 【AvacusApp】AvacusがDAppsポータルアプリ(オープンβ)をリリ…
  4. ここがヤバイよ 改正資金決済法
  5. 【AvacusApp】セキュアチャット機能追加

関連記事

  1. ニュース

    Stellar Lumens(XLM)って何?

    2019年11月12日、暗号通貨交換所Coincheckが、Stell…

  2. Avacus

    Avacusが未確定の相手にエスクローを実現する技術で特許を申請

    暗号資産でAmazonのお買い物や、クラウドソーシング、送金機能付きS…

  3. ニュース

    【NEM】Symbolのスナップショットを延期

    NEMのSymbolのスナップショットの日時を変更することがコミュニテ…

  4. ニュース

    【NEM】Symbolローンチ、新通貨XYM誕生

    2021年3月17日、NEMプロジェクトが次世代のPoS+(Proof…

  5. Avacus

    調査「Bar Ava-sake」

    こんにちは、編集長です。日本では仮想通貨は流行らないという人もいる…

  6. ニュース

    Enjinがスクウェア・エニックスとのパートナーシップを発表

    2022年7月21日、NFTのエコシステムをリードするEnjinは、ス…

ピックアップ

  1. 【AvacusApp】セキュアチャット機能追加
  2. 【AvacusApp】グループチャット機能追加
  3. ブロックチェーンで選挙をアップデート
  4. ここがヤバイよ 改正資金決済法
  5. 【AvacusApp】AvacusがDAppsポータルアプリ…
  1. まとめ

    【解説】仮想通貨のバーン(Burn)とは?
  2. Avacus

    AVACUSがBuyBackを採用
  3. Avacus

    AVACUSの業務改善命令について
  4. まとめ

    BATってなあに?
  5. 生活

    アドレスホッパーというライフスタイル
PAGE TOP