Avacus

AvacusPayにMUUI新規対応、XPC,NANJも追加決定

5月8日、AvacusPayに 「MUUI」が追加され、
5月11日には、「XPC」、「NANJ」も対応する予定があることが発表された。

連日ニュースが続き、色方面からの注目を集める「AvacusPay」

AvacusPayは単なる送金ツールにあらず。
メッセージのやりとりもでき、手数料の還元もある。
Avacusとの連動しているため、そのまま買い物や仕事の依頼までも出来る、そのポテンシャルたるや……。

と、このあたりは前回の記事で書いたので、今回の記事では、「AvacusPay」に、新しく通貨が対応されたこと、されることについて考察をしてみようと思います。

目次

AvacusPayとは

Avacus PayはAvacus内のWallet同士の暗号通貨を一瞬で送受信することができるアプリです。
お互いがAvacusに登録していればいつでも投げ銭や報酬の支払い、店舗での決済がスピーディに行えます。

詳しい機能説明や使い方などについては前回の記事で詳しく書いていますのでそちらを読んでみてください。

採用通貨の基準

運営の公式発表

考察

「現在BTCとVACUSが利用可能で、順次対応予定です!」と発表されており、一見するとAvacusに採用されている通貨が順次対応するかということのようにも受け取れるがそのあたりは正確には発表されていない。
法人向けソリューションでの利用についての募集を合わせて発信していることにもメッセージを感じる。

AVACUSと言えば、Avacus選挙などでも度々聞かれるワードに「コミュニティパワー」というものがある。
そして、先日のAvacus株式会社代表のブログを読んでいても感じたのは、「一緒に文化を創っていこう!」「一緒に面白いことやろうぜ!」というメッセージ。

“一緒に”というのがキーワードであるように思える。

Avacusは常に「新しさ」や「面白さ」を求めているし、コミュニティには「自発的」であることを求めているように感じる。

もちろんAvacus選挙でも同じことだが、採用にはコストもかかる。

今後もコミュニティパワーがあって暗号通貨界が面白く、楽しくなりそうと思える通貨を採用することだろう。
通貨によっては、コミュニティは存在せずとも大きなパワーを持ったものもある。それはそれで面白くなりそうと判断されれば採用の選択肢に入るのかもしれない。

※これはまたの機会に記事にしたいと思うが、Avacus/VACUSのコミュニティは少し特殊で面白いコミュニティ形成をしているように感じる。自走式コミュニティ、ホラクラシー型コミュニティとも言えるかもしれない。

AvacusPayで使える暗号通貨

  • Bitcoin
    • 言わずと知れた最強暗号通貨
  • VACUS
    • Counterpartyで作られたBitcoin同等の強固なセキュリティを持つ暗号通貨
    • Avacusというサービスで利用したり、保有していると還元やサブトークン配布など様々な特典がある
  • MUUI (追加2019/05/11)
    • Counterpartyで作られたBitcoin同等の強固なセキュリティを持つ暗号通貨
    • MUUI主催イベントなどで利用可能

MUUIが追加

5月11日 MUUIがAvacusPayに追加された。

あれ?MUUIってAvacus対応だっけ…?

MUUIは、第三回Avacus総選挙にもノミネートされ、NANJとの死闘の末に破れたものの、Avasakeの主催をしたりAvacus生態系にはもうすでにそこそこに足を踏み入れており馴染みある通貨である。
しかしながらAvacusには採用はされておらず、AvacusPayに「MUUI」が採用されるニュースを聞いて驚いた人もいるかもしれない。Avacusに採用されているかどうかなどは、関係がないようだ。

MUUI運営の動き

Avacus運営の呼びかけに対し、MUUI運営はいち早く反応を示し、参入の申し込みを行い、無事対応される運びとなった。
このMUUIの対応の流れを見ても、先で考察した通り、自発的にアクションを起こす者に、道は開かれているように思える。

MUUIのAvacusPay対応メリット

MUUIの詳細を知れば知るほどAvacusPayに採用されることは、メリットが大きいことがわかる。MUUIが早期に採用の申請をしたことも納得できる。
世界の誰でも、どこでも、送金可能というのが暗号通貨の良いところではあるがそれをするのに人間にとって使い易いレベルになっているツールは多くなかった。店舗での利用も想定されているAvacusPayに採用されることは、MUUIの中長期目標である「MUUI主催イベント以外での利用店舗拡大」を達成を助けるツールとなるでしょう。

XPCが追加予定

XPCの追加予定が発表された。
XPCの詳細については、こちらの記事も参考にしてみてください。

NANJが追加予定


XPCの追加発表とほぼ同時に、NANJの追加予定であることも発表されました。


編集部よりヒトコト

AvacusPayの対応通貨は今後も順次増えていくかもしれない。
どの新規対応通貨も、運営やホルダーなどの枠に囚われることなく、各自が自発的にAvacusPayを最大限活用することで、各通貨の発展、Avacus生態系の発展、暗号通貨界隈の活性化に繋がっていくと面白そうだ。

ピックアップ記事

  1. 【徹底調査】AvacusPayとは?
  2. RAIZERのホワイトペーパー【日本語訳】
  3. 誰が日本を殺すのか 〜 MonaBAR閉店にみる今の日本の病気とは
  4. 暗号通貨が使えるお店 〜東京版
  5. Avacusをビジネスで活用する

関連記事

  1. Avacus

    Avacus一周年キャンペーンを最大限活用する

    暗号通貨でお得に買い物、暗号通貨でお仕事ができるサービス「AVAC…

  2. Avacus

    【インタビュー】XPC-JP協会代表理事miyarbucksさん ~ Avacus選挙舞台裏 ~

    先日、ご紹介したAvacus第二回対応通貨投票で数あるライバル通貨を抑…

  3. Avacus

    分散取引所「RAIZER」とは / 使い方

    「DEXってなあに?」の記事でDEX(分散取引所)がイケてるって話をし…

  4. Avacus

    Avacusをビジネスで活用する

    AvacusSalonの主催者に話を聞いてみた -------…

  5. Avacus

    【調査】Avacus第二回新通貨対応選挙

    編集長がサービス研究を続けているAvacusで新たな取引通貨の候補が発…

  6. Avacus

    調査「Bar Ava-sake」

    こんにちは、編集長です。日本では仮想通貨は流行らないという人もいる…

ピックアップ

  1. 【徹底調査】AvacusPayとは?
  2. 誰が日本を殺すのか 〜 MonaBAR閉店にみる今の日本の病…
  3. 暗号通貨が使えるお店 〜東京版
  4. RAIZERのホワイトペーパー【日本語訳】
  5. Avacusをビジネスで活用する
  1. 中級編

    DEXってなあに?
  2. Avacus

    調査「Bar Ava-sake」
  3. 中級編

    BCHってなあに?
  4. 初級編

    お金ってなあに?
  5. 調査

    RAIZERトークンセール開始
PAGE TOP