まとめ

BATってなあに?

仮想通貨取引所Coincheckで新たにBasic Attention Token(BAT)の取扱いが2020年7月21日から開始されました。これによりCoincheckは国内の暗号資産交換業者の中で取り扱う暗号資産の種類が最多になったそうです。今回は「BAT」についてザクっと調べてみます。
(参考:Basic Attention Tokenの取扱い開始に関するお知らせ

目次

スペック

名称 Basic Attention Token(ベーシックアテンショントークン)
ティッカーシンボル BAT
発行上限 1,500,000,000 BAT
時価総額 約344億円(2020年6月15日時点)
コンセンサスアルゴリズム PoW(Proof of Work)
公式サイト https://basicattentiontoken.org/ja/
ホワイトペーパー(PDF) PDF
取り扱い取引所 bitFlyer, Coincheck, GMOコイン

概要

Basic Attention Tokenは、2017年5月にBrave Software, Inc. によって公開された暗号資産で、イーサリアムブロックチェーン上のERC20トークンとして発行されています。ブロックチェーンを基盤とするDappsの特性をいかし、透明性の高いデジタル広告取引の実現を目指して開発されたウェブブラウザ「Brave」上で、パブリッシャー、広告主、ユーザーの三者が利用できる新しい種類のユーティリティトークンです。

Braveとは


煩わしい広告など既存ブラウザの問題点を排斥した次世代ブラウザ。
HP: https://brave.com/ja/features/

特徴

・ページ読み込みがパソコンで2倍、スマートフォンで最大8倍と高速
・プライバシーとセキュリティが最高
・お気に入りのサイトを応援できる

編集部よりヒトコト

トークンとウェブの未来を考えるとブラウザを新しく作るしかないと前々から思っていて色々なエンジニアに提案をしてきましたが、ChromeやFirefoxという既存のブラウザがある中で、私の周りでは誰もそれを本気で取り合ってくれる人はいませんでした…しかし、やっぱりこういうブラウザ生まれてきましたね!嬉しい!

国内の取引所でも取り扱いが増えているBAT。今後も注目です。

ピックアップ記事

  1. NFTアートってなに?
  2. AVACUS新サービスや今後の展開について
  3. ざっくり知るDefi【初級編】

関連記事

  1. Avacus

    仮想通貨始めよう(主婦ver)

    こんにちは編集部です。2018年になり、仮想通貨始める方が多い…

  2. Avacus

    AvacusAsk実例まとめ – 仕事の対価に暗号資産

    編集部では、暗号通貨を使ったクラウドソーシングサービスAvacusAs…

  3. まとめ

    話題になった国内ICOのその後 – 前編 –

    こんにちは、編集部です。2017年の日本初のICOで話題になったI…

  4. まとめ

    XEMってなあに(コインチェック事件ver)

    こんにちは編集部です。仮想通貨界隈はコインチェック事件で最近賑やか…

  5. まとめ

    上場決定!NANJコインまとめ

    こんにちは編集部です。最近は仮想通貨の情報で大きな進展がなく、驚き…

  6. ニュース

    Enjin Coinってなあに?

    仮想通貨取引所Coincheckに新しく「Enjin Coin」(EN…

ピックアップ

  1. AVACUS新サービスや今後の展開について
  2. NFTアートってなに?
  3. ざっくり知るDefi【初級編】
  1. Avacus

    暗号通貨で雇用改革「AVACUS TRADERS SHOP」
  2. 中級編

    DEXってなあに?
  3. 中級編

    Bakktとは?
  4. まとめ

    BATってなあに?
  5. ニュース

    Purse.ioが事業停止を発表後、再検討を表明
PAGE TOP