まとめ

DAIってなあに?

ペグやステーブルについては、基礎知識「初級編」で以前、お話しましたね。
まずペグ???ステーブル???っていう人は、下の記事をまず読んで見てください。
簡単に説明するとステーブルコインとは、価格変動が少ない安定しているコインのこと。

その中の例として出てきた仮想通貨担保型のステーブルコイン「DAI」
最近、何かと耳にする機会が多くなってきたので軽く調べていくよ。

目次

スペック

ティッカーシンボル DAI
発行上限 1億
公式サイト https://makerdao.com/en/
Twitter https://twitter.com/MakerDAO
ブログ https://blog.makerdao.com/ja/
取り扱い取引所 MakerDAO リポジトリ上の市場リスト
ホワイトペーパー WP

※2019/11/8 総発行量1億達成

概要

DAIとはEthereumブロックチェーン上で動くステーブルコインです。
ドルとペグしている通貨で、1ドルが1DAIにステーブルされています。

ドルペグでもっとも有名なものにティザー社のUSDTというものがありますが、USDTの場合は法定通貨を担保にしておりティザー社には色々な疑惑も持ち上がっていました。(テザー問題/疑惑)
DAIはUSDTと同じドルペグでありながらも、USDTとはそのステーブル方法が異なります

DAIの新しい仕組みでは、ティザー社に向けられたような問題(疑惑)は起きず、より分散型でスマートコントラクトが応用された新しい価格の担保の仕組みが注目されています。
※この新しい仕組みについては「上級編」でお話できたらと思います。

構想

MakerDAOと呼ばれるイーサリアムブロックチェーン上のオープンソースプロジェクトであり、自立型分散組織で設立は2014年です。DAIはMakerDAOによって開発・管理されています。

MakerDAOプロジェクトの「Makerプロトコル」(DAIを支える仕組み)の未来として「普及率の増加および完全な分散化」とホワイトペーパーには書かれており、プロジェクトのトップページには「A better money = より優れたお金」と掲げられています。

“新しいお金”の座を取る気満々ですね。

Maker DAO - Top page

[追記:2019.6.26]
同じように”新しいお金”を仕切りたいと考えたFacebookが満を持して?「Libra計画を発表」
どこも新しいお金の仕組みを牛耳る座を虎視眈々と狙っているわけですがMakerDAOの方がプロジェクトとしては一回りも二回りも先にいっている感じはありますね。

編集部よりヒトコト

色々なステーブルコインはあるけど「Dai」はそのステーブルのさせ方が斬新で凄い!

ピックアップ記事

  1. ざっくり知るDefi【初級編】
  2. 【AvacusApp】AvacusがDAppsポータルアプリ(オープンβ)をリリ…
  3. AVACUS新サービスや今後の展開について
  4. NFTアートってなに?

関連記事

  1. まとめ

    ネタコインを知ろう

    こんにちは編集部です。仮想通貨も金融商品ということでお堅い内容ばか…

  2. まとめ

    XEMってなあに(コインチェック事件ver)

    こんにちは編集部です。仮想通貨界隈はコインチェック事件で最近賑やか…

  3. まとめ

    仮想通貨用語集(オモシロver)

    こんにちは編集部です。仮想通貨調べているともはや辞書を引いても…

  4. まとめ

    仮想通貨界隈で話題!ママコイナーってなあに

    こんにちは編集部です。最近twitterのタイムラインで「ママ…

  5. まとめ

    NEMってなあに?(Symbol編)

    こんにちは、BitcoinLIFE編集部です。最近、NEM(XEM…

  6. ニュース

    Enjin Coinってなあに?

    仮想通貨取引所Coincheckに新しく「Enjin Coin」(EN…

ピックアップ

  1. ざっくり知るDefi【初級編】
  2. NFTアートってなに?
  3. 【AvacusApp】AvacusがDAppsポータルアプリ…
  4. AVACUS新サービスや今後の展開について
  1. Avacus

    Avacusでショッパーを成功させるコツ
  2. まとめ

    仮想通貨界隈で話題!ママコイナーってなあに
  3. Avacus

    AVACUSがBuyBackを採用
  4. Avacus

    FUHCOINがスポンサー枠でAvacusに上場
  5. Avacus

    【調査】Avacus第二回対応通貨選挙1位「XPC」とは
PAGE TOP