Avacus

FUHCOINがスポンサー枠でAvacusに上場

2020年1月20日、FUHCOINがAvacusにスポンサー枠で上場しました。
これによりFUHCOINをAvacusの全機能で使うことができます。

スポンサー枠制度にかかる初期費用はVACUSの流動性などを向上させる費用として
市場・AvacusでのVACUS取得に利用し、取得分のVACUSは買い付け終了後全額Burnされるとのこと。

FUHCOINとは

先日、Raizerで取引可能になったCPトークン。
発行元が、どのような団体(個人)なのか等、詳細は不明。

ティッカーシンボル FUHCOIN
初期発行枚数 10,000,000,000
公式サイト https://www.fuhcoin.org/
取り扱い取引所 Counterparty, Raizer
スポインサー枠とは

Avacusでは通常は採用する通貨を投票で決めますが、リスティング費用および年間維持費を支払うことでAvacus内でスポンサー枠として指定通貨が使えるようになります。
スポンサーによる上場の場合は、選挙の時のようなVACUS保有者への新規サブトークンのエアドロップはありません。
新規サブトークンは、スポンサーの指定するアドレスに送信され、指定通貨建ての取引手数料の還元に利用されます。



追記:2020.3.5 公式サイト情報を追加

ピックアップ記事

  1. AVACUS新サービスや今後の展開について
  2. ざっくり知るDefi【初級編】
  3. NFTアートってなに?

関連記事

  1. ニュース

    【NEM】Symbolのスナップショットを延期

    NEMのSymbolのスナップショットの日時を変更することがコミュニテ…

  2. ニュース

    NIKEがスニーカーをトークン化する特許を取得

    スニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連を扱う世界的企業のNikeが…

  3. Avacus

    AvacusBazaar攻略【購入編】- フリマで暗号通貨を使う

    ブロックチェーンをコアリテラシーとするイノベーション創出カンパニーAv…

  4. ニュース

    Enjin Coinってなあに?

    仮想通貨取引所Coincheckに新しく「Enjin Coin」(EN…

  5. ニュース

    暗号資産業界団体が自由民主党へ仮想通貨の税制改正を要望

    11月4日、自由民主党の『予算・税制等に関する政策懇談会』に暗号通貨業…

  6. Avacus

    「暗号資産エコシステム」 Avacusとは?

    2020年6月24日、AVACUS株式会社が主要4サービスのアプリを統…

ピックアップ

  1. AVACUS新サービスや今後の展開について
  2. ざっくり知るDefi【初級編】
  3. NFTアートってなに?
  1. 使う

    NFTアートってなに?
  2. 中級編

    ビットコインは論文から生まれた
  3. コラム

    ブロックチェーンって胡散臭くない?
  4. まとめ

    話題になった国内ICOのその後 – 前編 –
  5. ニュース

    【NEM】Symbolのスナップショットを延期
PAGE TOP