まとめ

【解説】BCHハードフォーク 5/16

2018年5月16日にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが予定されています。
アップグレードが行われる前に、BCH保有者は概要を確認しておきましょう。

ハードフォークの主な内容

* ブロックサイズを32MBに拡大
* OP_CODEの復活、追加
* OP_RETURNのサイズを220byteに拡大

正確な実施時間

開発チームのサイト「Bitcoin ABC」の最新情報によると、5月15日火曜日の16:00:00 (UTC)に開始されるようです。
日本時間5月16日水曜日の1:00:00。
最新の11ブロックの中央値が1526400000以上になる際に、次のブロックから適用されます。
フォーク完了する時刻は、ブロックの検出された時間に次第になります。

OP_CODEとは?

OP_Codeはそもそも、バグやセキュリティ上の欠陥があり、BCHがBTCから分割されたときには導入されませんでした。
BCH開発者が問題を解決できたので、コードの一部がBCHブロックチェーンに統合されます。その結果、スマートコントラクトが導入され、BCHはEthereumと競合するプラットフォームになるかもしれないと言われています。

まとめ

昨年11月に行われたBCHのハードフォークフォークでは大きな混乱がなかったので、今回も問題なく通過するのではないかと思います。(しかし実際のところは誰にもわかりません。)
致命的なバグがあった場合は、大混乱が起こる可能性がゼロではありません。(あまり不安を煽ると怒られそうですが…)
そういった万が一の自体に備えて、各取引所はBCHの入出金を一時的に停止させています。

相場についていえば、ハードフォークを節目に大きな価格変動もあるかもしれません。
アップデート内容に関わらず、ハードフォークにはそういった変化があると考えてよいかと思います。

リスクを知り、正しく付き合っていきましょう。

BCHってなあに?
ハードフォークってなあに?
– ブロックサイズってなあに?
– BTCよりブロックサイズが大きいBCHの方がすごいの? 

といったあたりについても、今後記事を追加していくつもりですので、お楽しみに!

ピックアップ記事

  1. 【AvacusApp】セキュアチャット機能追加
  2. 【Avacus web3】の始め方・移行方法
  3. 【AvacusApp】グループチャット機能追加
  4. 【Avacus web3】がリリースされました

関連記事

  1. ニュース

    Enjin Coinってなあに?

    仮想通貨取引所Coincheckに新しく「Enjin Coin」(EN…

  2. まとめ

    仮想通貨決済まとめ

    こんにちは編集部です。賑やかなる仮想通貨界隈ですが、仮想通貨だ…

  3. まとめ

    FRIGGってなあに?

    RAIZERにも上場されたCounterpartyトークンで、Av…

  4. まとめ

    話題になった国内ICOのその後 – 前編 –

    こんにちは、編集部です。2017年の日本初のICOで話題になったI…

  5. Avacus

    AVACUSがBuyBackを採用

    AVACUS株式会社が、暗号資産VACUSの価値向上施策としてBuyB…

  6. まとめ

    IOSTってなあに?

    2020年9月8日、仮想通貨取引所Coincheckに新しく「IOST…

ピックアップ

  1. 【Avacus web3】がリリースされました
  2. 【AvacusApp】グループチャット機能追加
  3. 【AvacusApp】セキュアチャット機能追加
  4. 【Avacus web3】の始め方・移行方法
  1. Avacus

    Avacusでビットコインを手に入れてみた話
  2. 基礎知識

    ビットコインがバブってるのは本当なのか?
  3. 初級編

    ビットコインの送金手数料ってなあに
  4. 中級編

    ビットコインは論文から生まれた
  5. 生活

    知らないと損する家電の話 〜家事は機械にさせよ〜
PAGE TOP