まとめ

【解説】仮想通貨のバーン(Burn)とは?

このたびAvacus公式からの重大な発表がありました!!

>発行済VACUSのBurnに利用します。
この仮想通貨界隈でよく耳にする「Burn」とは一体なんなのでしょうか?
燃えてなくなるんだろ、くらいにしか思っていませんでしたが、これを機にちょっと調べて見ました。

その認識通り、Burnとは、そのまま直訳で「燃やす」ことを意味します。
発行されている仮想通貨を永久的に使えなくなること意味しています。

Burnされることで、市場にでまわる仮装通貨の量が減ることにより、
単純に市場価値があがることを意味しています。

仮想通貨投資家の間で、「Burn」という単語がチラチラと聞こえたのは、
Burnすると価格高騰するぞ!みたいな定説があるからなのですね。

で、実際にBurnとは何が起きてるのでしょうか?
今回のAvacusの件で考えて見ましょう

VACUSがBURNする例

Avacusは、スポンサー枠を設けることにしました。

スポンサーは費用を支払うと、自身が推す特定通貨をAvacusで使えるようにできます。
投票で1位にならなくても対応してもらえるというのは、それだけでもかなり価値のあることです。

さらにその特定通貨のサブトークンは全てスポンサーに渡されます。
今までは、サブトークンはVACUSホルダーにエアドロップされていました。
(サブトークンとは、その通貨での取引の際の取引手数料を還元できるトークンのことです)

つまりスポンサーは、特定の通貨で買い物ができるようになるだけでなく、
その手数料の利益の還元も受け取れるということになります。
(実際にそのサブトークンをどう扱うのかは、スポンサーの自由です。

そして、それだとスポンサーがただ美味しい話になってしまうので、
リスティング費用分だけ市場からVACUSをBurnしますということのようです。

すると先に話したように、VACUSの市場価値も直接的に上がることになりますので
VACUSホルダーも嬉しいという話になります。

記事を書いてるうちに、運営者さんが完結にまとめたツイートをしてくれていました。

 

以上、簡単ですがBurn(+注目のAvacusの重大発表について)の解説でした
(proof of burnについてもっとちゃんと勉強したいなぁ。

ピックアップ記事

  1. RAIZERのホワイトペーパー【日本語訳】
  2. 改正資金決済法を受けた、各サービスの今後
  3. ここがヤバイよ 改正資金決済法
  4. Avacusをビジネスで活用する
  5. 【まとめ】AvacusAsk実例

関連記事

  1. Avacus

    【まとめ】AvacusAsk実例

    編集部では、暗号通貨を使ったクラウドソーシングサービスAvacusAs…

  2. まとめ

    FRIGGってなあに?

    RAIZERにも上場されたCounterpartyトークンで、Av…

  3. まとめ

    BELLってなあに?

    Avacus第三回対応通貨投票のノミネート通貨に新規で追加された通貨…

  4. まとめ

    MUUIってなあに?

    Avacus/VACUS界隈でたまに耳にするようになりAvacus…

  5. まとめ

    【解説】BCHハードフォーク 5/16

    2018年5月16日にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク…

  6. まとめ

    仮想通貨界隈で話題!ママコイナーってなあに

    こんにちは編集部です。最近twitterのタイムラインで「ママ…

ピックアップ

  1. 【まとめ】AvacusAsk実例
  2. 改正資金決済法を受けた、各サービスの今後
  3. 【ざっくり解説】Libraってなに?
  4. 【人生相談室 vol.3】梅雨が嫌い!なんとかして!
  5. ここがヤバイよ 改正資金決済法
  1. 調査

    RAIZERトークンセール開始
  2. 初級編

    NFTトークンとは
  3. Avacus

    【徹底解説】AvacusAskの使い方
  4. まとめ

    話題になった国内ICOのその後 – 前編 –
  5. 中級編

    マインニングって何?中級編
PAGE TOP