ニュース

RAIZER DEXが新仕様を発表

2020年6月3日、RaizerDEX公式Twitterにて新仕様についてのお知らせがありました。

目次

RAIZERとは

Counterpartyが実現できなかったCounterpartyトークンとBTCの交換をtokenizeという手法で可能にした分散型取引所。
DEXを通して将来的にCounterpartyに限らず様々なプラットフォーム巻き込んでスタートアップエコシステムを構築していプロジェクトで、暗号通貨を使ったビジネス立ち上げてその通貨を流通させる高いハードルをもっと低く、かつ詐欺プロジェクトが乱立しないような仕組みを取り入れています。

概要

(Lottery)宝くじのメカニズムではなく、(Buybuck)バイバックレイザーという新しいプログラムを開始する予定であることをお知らせします。できるだけ早く試してください。

今までのLotteryをやめて新しくBuybackという仕組みを始めるということのようです。

Buy…??back…??どーいうことぉ??
まずは、そのまえに今までの仕様「Lottery」について振り返ってみよか

旧仕様:Lotteryとは


今までのLotteryという仕様では、RaizerでのDetokenizerの時の手数料は、Raizerトークン保有者に抽選で還元されていました。Raizerトークンをたくさん保有している人ほど還元確率が上がりトークン保有のインセンティブが高くなる仕様でした。

新仕様:Buybuckとは

新仕様では、トークン解除時の手数料がRAIZER/BTCでの買い戻しに使用され、これらのトークンはBurnされるそうです。Burnは毎月書き込まれ、買い戻し注文は毎日作成されるとのことで、アドレスからそれらも確認することができます。

えーっと、Burnっていうのは使えなくしちゃうってやつでしたよね。市場に出回るRAIZERの数が減るってことですよね。
せやな
うーん…買い戻しってのがよくわかんないのですが…
例えば手数料が0.1BTCだったとしたら、それを使って売られてるRAIZERトークンを買うってことやな
え…?売られてるRAIZERを買っちゃうし、それ使えなくしちゃうんですね。(まだ理解が追いついてないですが)それってなんだか凄そう…
せやな

編集部よりヒトコト

新仕様により手数料が発生するたびに、RAIZERトークンを持つ人が全員に恩恵がある超良心的な仕組みに変わりましたね。DEXの未来を切り開こうとしているRAIZERの新たな一手に驚き、期待膨らむ編集部なのでした。

ピックアップ記事

  1. ざっくり知るDefi【初級編】
  2. NFTアートってなに?
  3. AVACUS新サービスや今後の展開について

関連記事

  1. ニュース

    Poly Networkがハッキング被害

    2021年8月10日、DefiプロジェクトのPoly Networkが…

  2. Avacus

    AVACUS新サービスや今後の展開について

    2021年2月27日、株式会社Riche Labが主催するエンジェル投…

  3. ニュース

    エルサルバドル共和国、ビットコインを法定通貨に

    2021年6月9日、エルサルバドル共和国の大統領が暗号資産ビットコイン…

  4. 調査

    調査「暗号通貨技能検定」

    こんにちは、編集長です。日本クリプトコイン協会が主催する暗号通貨技…

  5. Avacus

    暗号資産のCtoCプラットフォームAvacus、オンチェーンでのサービス提供を決定

    2019年12年24日Avacusがオンチェーンサービスの提供を行…

  6. Avacus

    【調査】Avacus第二回新通貨対応選挙

    編集長がサービス研究を続けているAvacusで新たな取引通貨の候補が発…

ピックアップ

  1. ざっくり知るDefi【初級編】
  2. AVACUS新サービスや今後の展開について
  3. NFTアートってなに?
  1. 基礎知識

    草コインの価格の仕組みを知ろう
  2. 調査

    【ざっくり解説】Libraってなに?
  3. Avacus

    Avacus代表まつかぶさんがお年玉企画を実施
  4. ニュース

    Stellar Lumens(XLM)って何?
  5. 初級編

    ビットコインの送金手数料ってなあに
PAGE TOP