ニュース

RAIZER DEXが新仕様を発表

2020年6月3日、RaizerDEX公式Twitterにて新仕様についてのお知らせがありました。

目次

RAIZERとは

Counterpartyが実現できなかったCounterpartyトークンとBTCの交換をtokenizeという手法で可能にした分散型取引所。
DEXを通して将来的にCounterpartyに限らず様々なプラットフォーム巻き込んでスタートアップエコシステムを構築していプロジェクトで、暗号通貨を使ったビジネス立ち上げてその通貨を流通させる高いハードルをもっと低く、かつ詐欺プロジェクトが乱立しないような仕組みを取り入れています。

概要

(Lottery)宝くじのメカニズムではなく、(Buybuck)バイバックレイザーという新しいプログラムを開始する予定であることをお知らせします。できるだけ早く試してください。

今までのLotteryをやめて新しくBuybackという仕組みを始めるということのようです。

Buy…??back…??どーいうことぉ??
まずは、そのまえに今までの仕様「Lottery」について振り返ってみよか

旧仕様:Lotteryとは


今までのLotteryという仕様では、RaizerでのDetokenizerの時の手数料は、Raizerトークン保有者に抽選で還元されていました。Raizerトークンをたくさん保有している人ほど還元確率が上がりトークン保有のインセンティブが高くなる仕様でした。

新仕様:Buybuckとは

新仕様では、トークン解除時の手数料がRAIZER/BTCでの買い戻しに使用され、これらのトークンはBurnされるそうです。Burnは毎月書き込まれ、買い戻し注文は毎日作成されるとのことで、アドレスからそれらも確認することができます。

えーっと、Burnっていうのは使えなくしちゃうってやつでしたよね。市場に出回るRAIZERの数が減るってことですよね。
せやな
うーん…買い戻しってのがよくわかんないのですが…
例えば手数料が0.1BTCだったとしたら、それを使って売られてるRAIZERトークンを買うってことやな
え…?売られてるRAIZERを買っちゃうし、それ使えなくしちゃうんですね。(まだ理解が追いついてないですが)それってなんだか凄そう…
せやな

編集部よりヒトコト

新仕様により手数料が発生するたびに、RAIZERトークンを持つ人が全員に恩恵がある超良心的な仕組みに変わりましたね。DEXの未来を切り開こうとしているRAIZERの新たな一手に驚き、期待膨らむ編集部なのでした。

ピックアップ記事

  1. 【Avacus web3】の始め方・移行方法
  2. 【AvacusApp】セキュアチャット機能追加
  3. 【AvacusApp】グループチャット機能追加
  4. 【Avacus web3】がリリースされました

関連記事

  1. Avacus

    【調査】Avacus第二回新通貨対応選挙

    編集長がサービス研究を続けているAvacusで新たな取引通貨の候補が発…

  2. ニュース

    Coinexchangeが閉鎖を発表

    色々なアルトコインを取引していた海外取引所「Coinexchange」…

  3. ニュース

    【NEM】Symbolのスナップショットを延期

    NEMのSymbolのスナップショットの日時を変更することがコミュニテ…

  4. Avacus

    調査「Bar Ava-sake」

    こんにちは、編集長です。日本では仮想通貨は流行らないという人もいる…

  5. ニュース

    JCBAがFATF改訂ガイダンスに関するパブリックコメントの募集を開始

    一般社団法人日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)は、FATFによる市中…

ピックアップ

  1. 【AvacusApp】グループチャット機能追加
  2. 【Avacus web3】の始め方・移行方法
  3. 【Avacus web3】がリリースされました
  4. 【AvacusApp】セキュアチャット機能追加
  1. Avacus

    AVACUS新サービスや今後の展開について
  2. コラム

    靴磨きの少年の話 〜仮想通貨は終わった?〜
  3. ニュース

    日本政府、ビットコインは「外国通貨に該当せず」
  4. 調査

    RAIZERトークンセール開始
  5. 初級編

    お金ってなあに?
PAGE TOP