基礎知識

アルトコインってなあに?

こんにちは編集部です。
クリスマスという事ですが、本日は家でビットコインの事をいろいろ調べています。
今回は「アルトコイン」という言葉を調べました。

アルトコインの使われ方

ツイッターで良く見かけるのが
「ビットコイン一強が揺らいで、性能のいいアルトコインにもワンチャン」
「ビットの資金がアルトコインに流れたり」
「暴騰しそうなアルトコインを見つけよう! 」
「アルトコイン勢力図まとめ」
「上位アルトコインとBCHは上昇期待値高めだとは思う。」
というような使われ方をしているようです。

コインとついているので、ビットコインと同じような意味なのかなと。ということで実際に意味を調べてみました。

アルトコインの意味

アルトコインとは、ビットコイン以外の暗号通貨の総称らしいです。
根本的な仕組みはビットコインと同じ仕組みのようです。
全世界で1100種類程のコインが作成されていて、
代表的なアルトコインに、イーサリアム、ライトコイン、日本発祥のモナーコイン、
などあるようです。

アルトコインのアルトはalternative(代わりの)のアルトだそうです。

時価総額1,000位のコインを調べてみました

1100種類もあるんだ、、、と思いまして、1000位の仮想通貨が気になり調べてみました。
仮想通貨のランキングサイトより
http://coincap.io/#/

1,000位の仮想通貨は「selfiecoin」です。
時価総額は、20,811ドル です。1000位と言えどすごい金額ですね。

誰が、何の為にselfiecoinを作ったのかも気になったのですが、調べたのですがわからず。。

ちなみにビットコインの時価総額は、
2900億ドル でした。。。すごい。。

まとめ

ビットコイン以外のコイン→アルトコインなのです。
アルトコインの価値もピンキリで、何かをきっかけに価値が暴騰するようです。
何がきっかけなんでしょう、、また今度まとめてみます。

ピックアップ記事

  1. Avacusをビジネスで活用する
  2. 【徹底調査】AvacusPayとは?
  3. 分散取引所「RAIZER」とは / 使い方
  4. ALISとAVACUS協働についての考察
  5. AvacusAsk実例まとめ – 仕事の対価に暗号資産

関連記事

  1. 初級編

    NFTトークンとは?

    こんにちは、メグです。金融庁からパブリックコメントが公開されたみた…

  2. 初級編

    仮想通貨の半減期とは?

    ビットコインのことを調べてると「半減期」というワードを耳にする方も多い…

  3. 初級編

    ビットコインの送金手数料ってなあに

    こんにちは編集部です。今回は「ビットコインの送金手数料」について調…

  4. 中級編

    Counterpartyの何が凄いのか

    私は言いたい!!編集長どうしま…

  5. 初級編

    ペグ通貨、ステーブルコインってなあに?

    ねぇねぇメグ。ペグ通貨とか、ステーブルコインって聞いたこと…

  6. 中級編

    DEXってなあに?

    ねぇねぇ、メグ、このつぶやき読んでみて!!…

ピックアップ

  1. ALISとAVACUS協働についての考察
  2. ファンと選手の関係を暗号通貨で変える。 新しい応援のカタチ …
  3. AvacusBazaar攻略【出品編】- フリマで暗号資産を…
  4. AvacusAsk実例まとめ – 仕事の対価に暗…
  5. 【徹底調査】AvacusPayとは?
  1. ニュース

    ALISとAVACUS協働についての考察
  2. 基礎知識

    ビットコインとは – ビットコインの特徴をまとめてみました。
  3. Avacus

    Avacus一周年キャンペーンを最大限活用する
  4. まとめ

    XEMってなあに(コインチェック事件ver)
  5. Avacus

    Avacusをビジネスで活用する
PAGE TOP